お問い合わせページをカスタマイズ

お問い合わせページ完成図

「リフォーム&エクステリアのお店 ヒノデヤ様」の、お問い合わせページをカスタマイズしました。

ご相談内容

ご依頼を頂いた時の状態では、

  • 名前
  • メールアドレス
  • メッセージ
  • 送信ボタン

このようなフォームしかなく、「これではお問い合わせしにくいのでは?」というご相談でした。

そこで、必要な項目を再検討し、以下の項目を追加することになりました。

追加1.お問い合わせの種類

まずは、どういった内容でお問い合わせするのか、選べるように改良。
右の▼印をクリックして選択してもらう形式です。

お問い合わせの種類を選択

件名を入力してもらうより、はるかに簡単です。

追加2.住所入力フォーム

こちらは資料請の場合だけでなく、クライアント様の業種では、お問い合わせの後に現地を見に行く流れが多いため、問い合わせの時点から住所入力をできる様にして欲しいとのご要望でした。

お問い合わせの住所入力

郵便番号を入れたら自動で住所が出る様に設定しました。
なるべくお客様の負担を減らした方が、お問い合わせに繋がります。
そして住所はあくまでも任意項目なので、「任意」と分かりやすく書いておきます。

追加3.お問い合わせ内容に「例文」を記載

内容を記入する欄に、よくある質問の一文を(例)として薄いグレーの文字で載せておきます。

お問い合わせ内容の例文

全くの空欄では、書き出し方や質問の書き方に戸惑いを感じる人もいるので、スムーズに書き出していただくための対策です。

追加4.写真を添付する

こちらもクライアント様の業種ならではですが、「現場の写真を見てもらいながら、気になる事を聞きたい」というご要望が実際にあったそうなので、写真や画像を添付できるようにしました。

お問い合わせの写真添付


以上です。

今回はデザイン部分には手を加えなくていいとのことでしたので、その分制作費用は安くなっております。

 

クライアント様より

「上記のようにカスタマイズしてから、すぐにお見積もり依頼が来ました」と、嬉しいご連絡がありました!

そんなすぐに!?と驚きましたが、お問い合わせフォームを整えることが如何に重要か、改めて感じました。
集客のお手伝いができて、本当に嬉しいです。

 

お問い合わせフォームの大切さ

せっかく商品に興味をもってもらっても、お問い合わせの手段が曖昧になっていたり、
複雑で面倒くさいフォームになっていたら、その場で見込み客は離れて行ってしまいます。

なかなかホームページからお問い合わせが来ないという方は、

  1. どんな項目があったらいいか?
  2. どんな形式にしたら入力が楽か?
  3. 不審に思うような必須項目はないか?

など、今一度検討してみては、いかがでしょうか?

制作情報
クライアント ヒノデヤ様
ホームページURL http://hinodeya-home.com
制作カテゴリ ホームページ関係
制作内容 お問い合わせページのカスタマイズ